運転免許証切替等

ドイツの運転免許証への切替

日本の有効な運転免許証をドイツの運転免許証に書き換えることができます。

日本の運転免許証と運転免許証抜粋証明書を携帯していれば、入国後、6ヶ月間はドイツで運転することができますが、 長期滞在される場合には、早めにドイツの運転免許証に切り替えましょう。
 

  切替に必要な手続き概要(ミュンヘン在住の方の場合)
 
 

1.在ミュンヘン日本国総領事館、又はADAC(ドイツ自動車連盟)に日本の運転免許証の運転免許証抜粋証明書を申請する。

2.ミュンヘン在住の方はミュンヘン市車両登録認可・免許証交付局(Kreisverwaltungsreferat Kfz-Zulassungsstelle und Fahrerlaubnisbehörde)でドイツの運転免許証への書き換えを申請する。

 

ミュンヘン市車両登録認可・免許証交付局 (Kreisverwaltungsreferat Kfz-Zulassungsstelle und Fahrerlaubnisbehörde)

 

 

 

所在地: Eichstätter Str. 2, 80686 München (地下鉄U4/5 Westendstraße 下車)

Tel: 089 - 233 - 96090

Fax: 089 - 233 - 36275

mailfuehrerscheine.kvr@muenchen.de

窓口時間:

月曜日と金曜日:7:30~12:00

火曜日:10:00~18:30

木曜日:10:00~16:00

 

  必要書類 (変更の可能性がありますので、必ず、当局にご確認下さい。)
 

 日本の運転免許証

 運転免許証抜粋証明書

 証明写真1枚

 パスポート

 居住地登録票(Wohnmeldebestätigung)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 



3.免許証係から通知が届いたら、窓口にてドイツの運転免許証を受け取ります。

*市町村によっては、日本の運転免許証と引き換えにドイツの免許証を交付することがありますが、日本の運転免許証は後日、当館を通じて返還されます。詳しくは、下記をご覧下さい。

 

ドイツの運転免許証への切替の際の日本の運転免許証返還について

日本の運転免許証をドイツの運転免許証に書き換える際に、原則として、日本の運転免許証はドイツの運転免許センターに一定期間保管され、その後、在ベルリン日本大使館宛てに郵送されることになっています。しかし、現状では必ずしもドイツ当局から全ての免許証が送られてきているわけではありません

 

当館に返還されてきた日本免許証は、免許証返還時に提出されている在留届に基づき、運転免許証名義人に連絡しています。返還時に在留届が未提出であったり、在留届を提出されていても転居等の変更届が未提出の場合には、連絡することができません。在留届及び変更届の提出を励行するようお願いします。